お知らせ

口座の凍結

相続にあたり一番初めに困るのは、亡くなった方の通帳からお金がおろせなくなることだと思います。亡くなった方の預金は相続財産なので、ちゃんと遺産分割が終了するまでは基本的には動かせません。  お亡くなりになったらまずは銀行に…

続きを読む

遺言書

相続の際に、法定相続人が法定相続分どおりに相続するのではなく、遺言書によって誰がどのくらい相続するか指定して相続することを、遺贈といいます。 法定相続分どおりで問題なければわざわざ遺言書を書かなくともよいのです。しかし、…

続きを読む

限定承認

前回、すべて相続するか、すべて放棄するかというところまでお話し致しましたが、実はその中間のような形があるのです。   それは「限定承認」といいまして、ざっくり言うと「相続財産の限度において借金等を負担すればよい」相続の形…

続きを読む

相続放棄

前回、相続放棄という言葉が出ました。そもそもですが、例えば親御さんが亡くなったら必ず子供は財産を引き継がねばならないのでしょうか。 実は、相続とは絶対にされなくてはいけないかというとそうではありません。相続をしない、つま…

続きを読む

基礎控除の金額

前回、相続税の計算をする時は、基礎控除というのがありそれ以上の財産があると課税されると書きました。おさらいですが、基礎控除は以下の式で算出します。 3,000万円+(600万円*法定相続人の数)=相続税の基礎控除額  こ…

続きを読む

相続税がかかる場合とかからない場合

相続税の金額ってどのくらいなんだろうかと考えると、「なんとなくたくさん持っていかれるものというイメージしかない」という方が大半だと思います。「せっかく相続したのに支払えず相続した土地を差し出してもまだ足りずかえって貧乏に…

続きを読む

遺留分

「遺言があれば遺言に従って、遺言がなければ法定相続分で相続」と前回申し上げましたが、では遺言があれば全く自由に相続されるものなのでしょうか。 例えば、判断能力が低下してきた亡くなる直前に、急に取り入ってきた他人の言うこと…

続きを読む

法定相続分

今回は、いままでお話しした相続人が「どのくらい」相続できるのかのお話です。 遺言書があって、「誰が何をどのくらい」相続するか指定していればそれに従うのですが、 亡くなった方がなにも言い残していかなかった場合、相続人で遺産…

続きを読む

相続人とは②

前回に引き続き、相続人についてのお話しです。 亡くなった時に存命な家族のパターンが、以下のようであったらどうでしょう。 ・妻、孫(子、つまり孫の親は既に亡くなっている)、父・・・相続人は妻と孫です。 ・妻、甥(兄の子)・…

続きを読む

相続人とは①

ここ大河原は宮城県南部にありますが、こちらは若干夏の暑さが和らいできました。 でもやっぱり暑いは暑いので、ビールも恋しくなりますが、、、 それはさておき今日は、そもそも相続人になる人はどのような人なのかの話をします。 遺…

続きを読む